With Respect-Funeral

家族葬なら低料金で執り行うことが可能|遺族に優しいプラン

残された親族のために

失敗しない葬儀社選び

式場

家族葬を事前相談するメリットは、お葬式に対する様々な不安を解消する事ができる点です。第一に考えられる不安点は、やはり金銭面でしょう。家族葬は決して費用が安くはありません。逝去後、病院などで紹介された葬儀屋にいわれるがまま色々な事を決めてしまうと、思った以上に予算がかかってしまう危険性があります。事前相談では、葬儀担当者に事前に希望を伝え、追加料金無しでどくらいの費用がかかるのか見積もりをとっておく事が大切です。また他の葬儀社との価格比較も重要です。次に考えられる不安点は、場所の問題です。参列者の人数や年齢層、交通アクセス面、宗教や宗派の問題などからどこの葬儀場を選べばよいのか分かりづらい事があります。前もって話し合っておく事で、条件に見合った葬儀場を把握しておく事が出来ます。生前に家族葬の事を考えるのは不謹慎だと考えられる方もおられるかもしれません。しかし、逝去後、心身的に疲労しきっている中、短時間で葬儀社を決めたり、家族葬の準備を行う事はとても大変です。事前相談をする事で、故人と遺族の最期の時間を大切に過ごす事が出来ます。残された親族の負担を減らすため、事前に相談しておく事が大切です。大東市には、中心部から10キロ圏内にたくさんの葬儀場があります。大東市で家族葬を考えている場合、事前相談時に家族葬に適した葬儀場を探しておきましょう。また大東市は比較的都会なので、遠方からのアクセスでは場所が分かりにくい事があるかもしれません。最寄り駅からのアクセスなども確認しておきましょう。大東市で生まれ育った場合など愛着がある場合は、馴染みのある場所などで行いたいという意向があるかを確認しておく事も大切です。

一般葬との違い

花

大東市でお葬式といえば「一般葬」が主流です。一般葬はいわゆるお葬式で、多くの弔問客が訪れ仏式の儀式に則って、葬儀は執り行われます。大東市の葬儀場・セレモニーホールでも、多く取り行われる一般葬ですが、一般葬だけでなく最近は「家族葬」も選ばれるケースが増えているようです。家族葬は近年、大東市だけでなく全国的に増えているスタイルの葬儀です。家族葬と一般葬には、どのような違いがあるのでしょうか。一般葬の場合、幅広く弔問客が訪れるという特徴があります。故人の家族・親族はもちろん、ご近所の方や仕事先の方、また友人など故人にゆかりの深い方や、関係があった方などがお通夜・葬儀に参列するのが一般葬です。家族葬はというと、参列者の数はかなり限られるのが特徴です。家族葬の場合、原則参列するのは家族と身近な親族のみとなっています。親しい友人であってもご遺族の希望が無い限り、お通夜・葬儀共に参列出来ません。参列者の数というものが、家族葬と一般的なお葬式の大きな違いです。参列者が少ない葬儀と聞くと、しっかり弔ってあげられるか心配・・と、不安を感じる方もいるでしょう。家族葬であっても一般葬と同じ仏式の儀式に則って、故人を弔います。旅支度も行い、お坊さんからお経を読んでもらう事も可能です。参列者の数が少ないからといって、簡素化しているのではなく家族葬であっても、一般のお葬式を同じ様に故人を弔えるのです。このような事もあり、大東市では家族葬の需要が増えているのでしょう。

希望に合った儀式が行える

合掌

葬儀社にもいくつかの種類があり、一般葬儀社や互助会型の会員積み立て予約形式をとっている業者などがあります。その中でも、幅広い利用形態をとっている一般葬儀社は、突然の葬儀にも柔軟に対応してくれます。葬儀社とのつながりを持っていなくとも依頼すれば確実に執り行うことができ、多くの方が一般葬儀社を利用しています。大阪府大東市から依頼できる一般葬儀社もたくさんあるので、大東市でお葬式を執り行う際には複数の業者から選択できます。それぞれ家族葬から大型葬、社葬など広く対応しており、希望に応じてしっかり行ってくれます。大東市には斎場がいくつもあるので、ご希望の施設で心残りのない葬儀を提供してくれるでしょう。特に現在は家族葬を希望される方が増えてきており、少人数で執り行う儀式が好まれる状況にあります。大東市から依頼できる一般葬儀社も少人数の家族葬に対応しているので、各社が提供しているプランの中から選択できます。通夜や告別式、初七日などを省略したシンプルなものから、親族間少人数で各儀式をしっかり執り行っていくものまで、家族葬に絞っても多彩なプランがあります。料金としては、10万円程から100万円程までと内容に応じて幅広く設定されています。親族以外に親交のあった方々を招くこともでき、ある程度祭壇のグレードを上げて執り行うことも可能です。大東市でなら、家族葬を行う場合も様々な葬儀の形を望むことができるでしょう。