With Respect-Funeral

家族葬なら低料金で執り行うことが可能|遺族に優しいプラン

親しい友人が亡くなったら

遺族の事を考えて対処する

数珠

家族葬は近親者だけで行う大東市でも人気のお葬式です。ただ、家族葬といってもその内容は様々です。遺族だけで密葬に近い形で行う場合もあれば、友人、知人、会社関係者なども参列して通夜・葬儀・告別式と2日ぐらいかけて行うケースもあります。もしも大東市に住む友人が亡くなって家族葬を行うという噂を聞いた場合、参列するかどうか迷うところです。大東市でも一般的な葬儀なら参列できますが、家族葬の場合はちょっと状況が違ってきます。近親者だけに限って大東市で家族葬が行われる場合、たとえ友人であっても参列は控えるのが無難です。ただし、案内状が届いた場合は別です。案内状に通夜の日時や通夜会場、参列のお願いが明記されてある場合は、参列するのがマナーです。特に親しい友人が亡くなった場合は遺族のほうから電話で直接家族葬のお知らせがくることもあるので、そのときに通夜の日時や会場、宗教などを聞いておくことが大切です。近親者だけの家族葬の場合は、例え親友であっても遺族の気持ちを汲んで参列しないのがマナーです。しかし、何か弔意を現したい、供物を供えたいという気持ちから、弔電や香典を送ることはできます。ただし、遺族のほうから香典は一切受け付けないという知らせがあった場合は、送るのを控えるのがマナーです。とりあえず葬儀が一通り終わり、落ちついてから遺族に電話をしてお悔やみの言葉を述べ、日を置いて自宅にお焼香に行くのがお勧めです。

無宗教葬の特徴とは

葬式

お葬式のスタイルは年々、多様化しています。家族葬も核家族化が進み、増えてきたお葬式の新しいスタイルです。大東市も核家族化が進んでいるという事もあり、家族葬を選ぶケースが増えています。また、大東市内や大東市に近い、大阪市などの自治体にあるセレモニーホールや葬儀場では「無宗教葬」も注目を集めているようです。無宗教葬とは文字通り、宗教に囚われずに行う葬儀スタイルの事を言います。お葬式は各宗教や宗派によって様々な取り決めやしきたりがあり、それに則って執り行わなければいけません。家族葬であっても仏式で執り行う場合は、仏式のしきたり・マナーを守って進める必要があります。ただ、近年は自分らしい葬儀にしたい、宗教に思い入れが無いという方も少なくないため、家族葬でも無宗教葬を取り入れるケースが増加しているのです。無宗教葬は宗教の概念に囚われる事なく、自由な発想でお葬式を執り行えます。通常のお葬式ではお坊さんにお経を読んでいただきますが、無宗教葬の場合は司会者が葬儀の進行を行うのが基本です。お焼香もなく、お焼香の代わりに花を手向けたり、弔辞ではなく手紙を読むなどが無宗教葬では行われます。一般葬だとお葬式後も必要な供養がありますが、無宗教葬だと供養方法についても、取決めは一切ありません。納骨や四十九日の供養も、自由に行う事が可能です。お葬式の内容、そしてその後の供養も自由度が高いという事から、大東市でも無宗教葬を選択する方が増えているのでしょう。

枕飾りや枕の向きについて

葬儀会場

家族葬は近親者のみで行う葬式で、その内容は故人や遺族の希望を反映したものとなっています。そのため、大東市の自宅で家族葬を行いたいという要望を叶えることもできます。ただし、故人が信仰していた宗教がある場合は、そのしきたりに沿った方法で行うことが大切です。故人が仏教を信仰していた場合は、仏間に遺体を北枕にして安置します。北枕にする理由は、お釈迦様が亡くなった時に、頭は北向きで顔が西向きになっていたためです。北枕にできない場合は、頭を西向きしても良いとされています。掛け布団は、上下を逆にして顔の近くまで来るように掛けます。顔には白い布、組んだ手に数珠をかけるのが仏式の安置方法です。仏教以外の方は、寝室に遺体を安置しておきましょう。遺体を安置したら枕飾りを用意します。枕飾りは、白い布をかけた小さな机に、燭台、香炉、線香立て、鈴などを置きます。枕飾りは、仏具になるため一般の家庭にはないものもあります。そのため、大東市の葬儀社の家族葬プランに組み込まれており、枕飾り一式は業者が用意してくれます。大東市の葬儀業者が枕飾りを設置したら、遺族は枕飯と枕団子を作ります。枕飯は故人が使っていたお茶碗を使って、すり切り一杯分のお米を計量し炊き上げます。そして、そのお茶碗に山盛りのご飯を入れ、故人が使っていたお箸をご飯の真ん中に突き立てます。米粉で六つの団子を作り小皿に入れ枕団子も作ります。そして、枕飾りの机の上に枕飯と枕団子を置きます。宗派によっては、枕飯と枕団子が不要な場合があります。詳しいことは家族葬を依頼した大東市の葬儀業者に聞いたほうが良いでしょう。