With Respect-Funeral

家族葬なら低料金で執り行うことが可能|遺族に優しいプラン

安く葬儀をするためには

複数社の確認が必要

葬儀

大東市で低料金で利用できる家族葬が全国的に行なわれています。一般的な葬儀と比べ、家族葬ではこの葬儀費用を大幅に抑えることができます。この家族葬を大東市の葬儀社に依頼するときに重要なのが打ち合わせをしっかりとするということです。急に葬儀をすることになり、電話で葬儀費用を聞いても、葬儀社によっては基本費用しか教えてくれないケースもあります。そのため、後で車両費用や斎場費用、飲食費用などが含まれた費用を請求されトラブルとなることもあります。このようなトラブルと避けるため、できるだけ費用を抑えるためにも、葬儀社を決めたら直接会って打ち合わせをする必要があります。この時に重要になるのが、大東市にある複数の葬儀社から見積もりをとるということです。各葬儀社によって含められているサービスに違いがあります。そのため、面倒かもしれませんが、それぞれの葬儀社から見積もりを出してもらい、どのような費用が含まれているのかを確認しましょう。各費用の料金を比べることで最も安い大東市の葬儀社を見つけることができます。家族葬は基本的にはどこの葬儀社でも、通常の葬儀と比べとても安い費用となっています。そのため、複数社からの見積りをとることなく葬儀社を決めてしまう人もいるようです。しかし、葬儀だけでなく、お墓を建てたり、様々な法要などにもお金が必要になります。経済的負担を少しでも減らしたいと考えるのなら、複数社から見積もりと打ち合わせが重要です。

別れがゆっくりできます

線香

終活と呼ばれる自分の最期を考慮して生前から身辺整理を行う人が増えています。自分が死後に眠る場所を自分で選びたい、葬儀は自分らしく行ってほしいなど、生前からの死後の希望を遺言として残しておく人もいます。この相談窓口となっているのが大東市の葬儀社です。大東市の葬儀社では生前から霊園の場所を見つけたり、墓石を建てることができ、自分の意向に合わせて葬儀を執り行いたい人のためにサポートをしてくれます。周囲友人や親族に迷惑をかけたくない、家族だけで最期の時間を大切にいてほしいといった要望から家族葬の希望も増えてきています。一般葬とは異なり、参拝者がいないために参列者へのもてなしや返戻金の用意もしなくて済むため、喪主や家族への負担は軽減します。家族葬は訃報を伝える際に家族葬を取り計らう内容を伝えるだけでなく、供花や香典が不要の旨を伝えておかなくてはなりません。大東市で家族葬を行う場合には式場の外に一般葬ではよく見かける看板を立てず、厳かに執り行うことができます。万が一参列に来た場合には四十九日法要が終わってから改めて挨拶や返礼品を送付するとよいでしょう。家族葬は周囲の人に失礼にならないようにしっかりと伝えることで、故人と最後の別れをゆっくりとできるメリットがあります。故人の遺言により仏式や神式などの形式が定められている場合もあるので、生前に相談していた大東市の葬儀社へ連絡するとよいでしょう。できるならば喪主となる人は生前に一緒に足を運んでみるのも良いでしょう。

宗教別の葬儀をする場所

式場

お葬式には宗教葬と無宗教があります。亡くなった人が信仰していた宗教に沿った形で行うのが宗教葬です。日本の場合は、仏教の教えに基づいたスタイルの仏式葬儀をする人が9割近くを占めます。日本の昔からの慣習なので、特に仏教を信仰していなくても、自然に仏式葬儀をする人が多いようです。大東市で仏式葬儀をする場合、先祖のお墓があるお寺、自宅、葬儀用のホールのいずれかで行います。一般会葬者が多い一般葬の場合は大東市の大きめのホールで、小規模な家族葬などの場合は大東市にある自宅または菩提寺でするのが一般的です。亡くなった人が神道を信仰していた場合は、神式(神葬祭)で行われます。神式では仏式葬儀の通夜にあたる通夜祭があり、告別式にあたる斎場祭があります。神式だから神社で行うわけではなく、ほとんどの場合、民間のホールまたは神葬祭用の斎場で行います。大東市の自宅でなら、遺族や身内だけで神式の家族葬ができます。教会でできるのが、キリスト教の信者を見送るキリスト式の葬儀です。家族葬でキリスト式葬儀をしたい場合は教会に限らず、自宅や民間または公営のホールなどでもできます。最近ではそれほど宗教こだわらない無宗教葬を選ぶケースが増えてきています。無宗教葬の場合はお寺や教会などの宗教施設ではなく、自宅または民間や公営のホールを貸し切って行います。アットホームで小さな家族葬も、無宗教ですればさらにお金がかからず経済的です。